地震


地震


地震(じしん)は、地球表面の地殻の内部で、固く密着している岩盤同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって地震動(じしんどう)と呼ばれる大きな地面の振動が引き起こされ、一般的にはこちらも「地震」と呼ぶ。 地質現象(地質活動)の一種。地震に対して、地殻が非常にゆっくりとずれ動く現象を地殻変動と呼ぶ。 地震を対象とした学問を地震学という。地震学は地球物理学の一分野であり、構造地質学とも密接に関わっている。


震度7の真上にいた人間として、どうしても伝えたいことがあります。 それは「地震がおこったらどういった行動をとればいいか」ということ。 経験者にしか語れないことってあると思います。どんなに想像力豊かな人でもその場にならないとわからないことってあるのです。 いろいろありますが、箇条書きにしていきますね。「家自体は倒れなかった」「火事に巻き込まれなかった」ことを前提として話をすすめます。 震度7級の地震だったら、まったく動けません。 近くの家具につかまって身体を支えるのがやっと。183センチの大男でスポーツをわりかしやっていたボクですら、ベッドから一歩も動けなかった。 とにかく「一歩も動けない」と思っておいた方がいいです。 だから火なんか消せません。第一、四方から家具が倒れてきます。下敷きにならず怪我しないのが精一杯でしょう。んー、机の下に隠れるくらいはできるかな、どーかなぁ、というレベル。火事にならなかったらラッキーなのです。(もちろん揺れがおさまったら火は消しましょうね)


大変なことが起きてしまいました。日本海溝に沿った三陸沖から茨城沖までのすべてのプレート沈み込み境界が同時に破壊し、マグニチュード(以下、M)9.0という超巨大地震が起きました(図1)。 この震源域の北に隣接する千島沖から十勝沖までの領域では、数十年に一度程度、M8〜8.5程度のプレート境界地震が比較的規則正しく起きてきた場所ですが、今回の震源域内の三陸沖や宮城沖では歴史上M7〜8.5程度の地震は見られるものの、その規則性や頻度は不明瞭でした。その南側の福島沖と茨城沖にいたっては歴史上M7〜7.5程度の地震がぱらぱらとある程度でした(地震調査研究推進本部による海溝型地震の長期評価など)。 一方で、17世紀前半より前の自然災害の文書記録には不備があることが知られています。こうした不備を補うために、津波堆積物や地割れ・噴砂等の物的証拠を調べて過去の地震や津波を調べる研究がなされています。これらの研究によれば、東日本の太平洋側の海岸地域がほぼ450〜800年間隔で今回の津波と同規模の津波に襲われてきたことがわかり始めていました。 つまり、おおざっぱに言えば500〜1000年に1度程度の低頻度大規模災害が今回起きたのです。21世紀なかばくらいまでに東海・東南海・南海地震の同時発生が心配されていましたが、それ以上のことが東日本太平洋岸の沖で先に起きてしまったのです。

手形割引とは、期日前の受取手形を支払期日が到来する前に銀行などで換金(第三者へ裏書譲渡して、支払期日前までの利息や手数料を引いた金額で手形を売却)することです。割引かれた手形のことを割引手形、手形割引を依頼した人を割引依頼人、手形を割引た人を割引人といいます。手形割引をした手形の中で、手形の振出人または割引依頼人が破産(仮処分)したり、不渡りになったり、会社更生の申し立てを受けた場合には、期限未到来分も含めて、すべて割引手形を割引依頼人に対して直ちにその手形を買い戻すよう請求できることになっています。

自己破産は国が法律で認めている、人生を再生するための制度であり、実際に、経済的破綻におちいった多くの人々がこの制度で再生しているのです。また自己破産の手続きは、弁護士に頼んだ場合、高い報酬を請求されることもあるので、まず、自己破産を考えている方は、自分自身で自己破産の知識を身につけ、そのうえで弁護に依頼するのがよい方法です。野間利昌 ※このサイトは2005年1月1日より施工された「新破産法」に対応した内容で作成しています。